© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

DSC_0397

その瞬間にカメラを持っていてよかった

由比ケ浜へお散歩しに出かけました。冬の寒い日でした。

それでも何となく出かけようと思ったのは、その日の日射しが妙に柔らかかったからです。

 

カメラを持って出かけて、正解でした。

雲の切れ間から幾つもの光が差し込む美しい世界を写真に納めようと夢中でシャッターを切っていたら、そこにカップルがフレームイン。

印象的な1枚になりました。

 

写真を趣味にしようと話したとき、写真好きの友人に言われた言葉を思い出しました。

「感動したその瞬間にカメラを持っていなかったら、その感動を切り取れないよね」

そのときは、写真とはそういうものかな、とぼんやりと受け止めたその言葉の意味を、心から理解した瞬間でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

ページ上部へ戻る