© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

P9030261

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。

自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上下にぶれてしまうことをシャッターブレといいます。

三脚を使っているのにブレてしまうなんて! と思いますが、これをちゃんと解決する方法が2つあります。

 

1つは、カメラのなかに。

それは、セルフタイマー機能。

セルフタイマー=記念撮影にカメラマンも入るときの機能、と思いますよね?

設定画面を確認してみてください。

コンデジも一眼レフもミラーレス一眼も、もれなく、OFF、2秒、10秒(15秒や20秒なども)と、最低3パターン、用意されています。

10秒や15秒なら移動にかかる時間とわかりますが、2秒!2秒て!

何のためについているのかナゾめいていますよね。

 

この2秒こそ、シャッターブレ解消のためのセルフタイマー。

シャッターボタンを押して、1、2、カシャ。

ボタンを押して2秒後にシャッターが切れるので、シャッターブレを防ぐことができます。

 

また、別売りのレリーズケーブルやリモコンを使うのも手。

カメラにケーブルをつなぎ、その先にあるボタンを押すとシャッターが切れるスグレモノです。

といっても、持っていなければ使えませんよね。

なので、セルフタイマー2秒をオススメします。

ついていないカメラはないので、ぜひ活用してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

KissX7、D3300などの一眼レフで、ファインダーを使うことのメリットは?

一眼レフユーザーの方で、すでにお気づきの方、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが…… ファインダーを使って撮っ…

ページ上部へ戻る