© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

センサーサイズ

フルサイズとAPS-C。買うなら、どっち?

 

ニコンのD600・D610、キヤノンのEOS6Dなど、フルサイズといわれるデジタル一眼レフが発売。

ボディだけで、エントリーモデルの倍以上するモデルだけれど、結構売れているんです。

今までちょっと手が届かない価格=カメラも価格もプロ仕様という感じだったのが、ちょっと頑張れば手が届く価格になったのだから、待ってました! となるのは、当然かもしれない…。

 

でも、あえて、APS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフを選ぶ人もいるんです!

 

 

ここからちょっと小難しい話です。✂——————————–

 

APS-Cサイズというのは、フルサイズ(35mmのフィルムと同じ面積)の6割くらいの大きさ。

つまり、小さいんです。だから、画質的にはフルサイズのほうがいい、と言われています。

 

ほかにも、35mm判で作られたレンズの焦点距離をわざわざ×1.5しないでそのまま使える、というメリットがあります。

レンズに表示されている焦点距離は「センサーサイズに関係なく」「そのレンズがAPS-Cサイズにしか対応してなくても」35mm判のときに像を結ぶ焦点距離が表示されています。

でも、APS-Cサイズのセンサーの面積は、35mmの6割しかないわけです。つまり、35mmから6割分の面積だけを切り取った=トリミングした状態。

トリミングすると、被写体、大きくなります。写真になる範囲が狭くなります。

それって、望遠側にズームするのと、同じことですよね。

その望遠側にしたときに見えてる画像の大きさや画角が、表示の焦点距離×1.5倍した数値の焦点距離とほぼ同じなんです。

なので、センサーがAPS-Cサイズのカメラで撮影するとき、焦点距離を1.5倍すると、35mm判で撮ったときと同じ焦点距離になるわけです。

たとえば、標準レンズ。フルサイズの標準レンズは50mmです。人間の目で認識できる視野角とほぼ同じ画角なのが、この焦点距離だから、標準レンズと言われています(50mmより数字が小さくなるほど広角、大きくなるほどと望遠です)。

では、APS-Cサイズの標準レンズは? 答えは、35mm。35×1.5すると52.5mm。

APS-Cのカメラでは、この焦点距離がフルサイズ機の50mmに近いんですね。

 

フルサイズは、こういう、慣れないとちょっと面倒な計算をしなくてもいい。

というのが魅力のひとつではあるわけです。

 

 

はい、小難しい話はこれにて終了。✂——————————–

 

 

じゃ、APS-Cはすべてにおいて35mmに劣っているかというと、そんなことはありません。

 

×1.5倍する、ということは、望遠に傾く、ということ。

つまり、D3100やD3200のダブルズームキットについてくる55〜200mmのレンズを35mmサイズに変換する(×1.5する)と、350mm。ね、だいぶ望遠です。

お子さんがスポーツをやられていれば、その試合、真剣な表情をアップで撮れる焦点距離です。

(裏を返せば、広角側は弱くなっちゃいます。24mmが36mm…それってもう標準域ですから)。

航空機やモータースポーツを撮るなら、被写体との距離を埋める1.5倍ですよ。

フルサイズ機でもAPS-Cの面積を使うようクロップできる機種もありますけどね!

 

また、センサーのサイズが小さいと、その面積をカバーしなければいけない円の直径も小さくなります。

この円を、イメージサークルといいます。

イメージサークルが小さくていいと、レンズがコンパクトになります。

本体も小さくてレンズも小さいから、持ち運びしやすい。

そして、レンズの生産コストが下がりますから、価格も安くなる。

 

案外、いいことが多いんです。

 

予算があればフルサイズ機を選んでいいと思います。

でも、APS-CにはAPS-C機ならではの良さがあります。

それを知って、あえてAPS-C機を選ぶのは、悪くないですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

ページ上部へ戻る