© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

 

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。

どういうわけか、ニコンもキヤノンもペンタックスも、一眼レフに付属のレンズと言えば、今や18〜55mm。

 

 ところで、この数字、18mmとか55mmは、焦点距離を示します。

昔、理科の授業で、虫眼鏡を使って黒画用紙を焦がしたことはありませんか?

焦点距離は焦げる距離のことを示しています。

焦点距離が長くなるほど、遠くのものが大きく見えます。その代わり視野が狭くなる。

そして、背景がぼけやすいのも特徴です。

 

APS-Cサイズの一眼レフの標準と言われる焦点距離は、35mm。

それよりも数字が小さければ、より広い範囲が見える広角レンズとなります。

広い景色を切り取りたい、そんな方には、10〜24mmとか、12〜24mmといった焦点距離のズームレンズがオススメです。

 

もし2本がセットになったキットなら、もう1本の、背の高いのレンズが望遠レンズ。

55〜200mmとか、55〜300mmと表示されていると思います。

 

1本のキットだけど18〜55mmじゃないよ、という方なら、

18〜105mmとか、18~135mmとか

18〜200mmとか、18〜300mmなどのレンズのキットではないでしょうか。

55mmよりももっと先の焦点距離も1本で使えるので、レンズ交換しなくていいし、たいていの撮影はこなせると思います。

 

さて。

18〜55mmのレンズの使い方をざっくり説明しますと、

海やお花畑のような広〜い風景を広〜く見えるように撮りたいときは18mm、

遠くのものを少しでも大きく撮るなら55mmのほうを使います。

 

広角側、18mmを使うと面白い写真を撮ることがでるのでご参考までに。

最短撮影距離という、ピントが合う距離が短いので、レンズの前、20cmくらいまで寄れます。

撮りたい物にグっと寄ってピントを合わせてみて下さい。

後ろの景色、ものすごく広く入るんですね。

旅先で、人物をアップで撮ってるのに、後ろの景色がたくさん入るから、どこで撮った写真か一目瞭然!

数人での集合写真も、撮られる人たちが「こんなに寄って大丈夫?」って笑い出すくらい寄っても、アップなのに背景が広く入って、アンバランスで面白い写真が撮れちゃいます。

 

キットレンズだし、定価が安いからたいしたことないとあなどるなかれ!

ネイルや指環など小さな作品に寄れて撮れたりするので、使い勝手はいいんです。

 

お子さんの運動会やスポーツの試合を撮りたい、というような目的があるのなら、断然ダブルズームキットをオススメしますが、

とりあえず趣味で、という方でしたら、レンズキットで十分OK。

ただし、量販店などでは、レンズ2本のキットより売れないので、在庫はダブルズームキットだけ、ということも多々ありますし、レンズキットとダブルズームキットの価格差を考えると、望遠ズームレンズ単体で購入する価格の半分程度だったりするので、ダブルズームキットを勧められることが多いと思います。

でも、その価格差で、安価なストロボや単焦点レンズを購入することができます。

必要性を感じないのなら、レンズキットを選ぶのもアリですよ。

 

まずはこの1本から!

しっかりと使い込んでみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

KissX7、D3300などの一眼レフで、ファインダーを使うことのメリットは?

一眼レフユーザーの方で、すでにお気づきの方、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが…… ファインダーを使って撮っ…

ページ上部へ戻る