© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

D5300、KissX7などにある、オートモードとシーンモード。違いは?

P8290240

ニコンもキヤノンもペンタックスも、エントリー〜ミドルクラスの一眼レフに必ずついているオートモード。

左肩にあるダイヤルに、緑のカメラマークがありますよね?

そこに合わせると、設定はすべてカメラ任せで写真を撮ることができます。つまり、カメラが「この場面でこの光の量なら、この設定でキレイに撮れるよね」と設定してくれるモードのことです。

ではそのオートモードのアイコンの周囲に並ぶ、走ってる人や女性のマークは何なのかというと、これが“よく使うであろう「シーンモード」”になります。

オートとはちょっと区別して、場面や被写体に合わせて選ぶモード。撮影するシーンが決まっているのなら、そのシーンに合わせてモードを選んだほうがよりキレイに撮れますよ、というメーカーの配慮と考えてよさそうです。

ポートレートやスポーツモード、マクロモードなどは、カメラの左肩の丸いダイヤルに組み込まれています。

さらにシーンの種類が多彩な機種ですと、別途、シーンモードというものがダイヤルに入っていることも。夕焼け、朝焼け、紅葉、桜、料理……露出やホワイトバランスの設定がちょっと厄介な場面も、このシーンモードを使えば、印象的な写真に仕上がるというワケです。

 

使いこなせないのは、撮影する場所でいきなり使おうとするからです。

明日はどこへ行こうか。そこでどんな写真を撮ろうか。

イメージしたら、まず、その場面をきれいに撮れるようなシーンモードがないか、確認してみましょう。そのモードを呼び出す操作の練習にもなります。オート以外のモードを使うため、カメラを繰り返し操作すると、自然とカメラの使い方に慣れ、今あの機能を使おう! と思ったとき、すぐに設定を変えることができます。

シーンモードの使い方のほか、露出補正、ホワイトバランスの設定変更、このあたりの操作方法は抑えておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

ページ上部へ戻る