© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

好きです、50mm F1.8!

0DSC5713

買った当初は「一眼レフ」で撮ることがとにかく楽しくて、気になったもの、目についたものがあれば、ひたすらシャッターを切っていました。気づいたら、カメラのシャッター回数が1万回を超えていてビックリ。撮影した写真データがPCのストレージをだいぶ圧迫していることに気づいて、写真保存用の外付けHDDを慌てて取り付けたのも、この頃だったと思います。

ズームレンズって便利ですよね。でも、明るいズームレンズは値段もいい。ネットで写真を見て「あ、いいな」と思う写真の機材を確認すると、24〜70mm F2.8とか、12〜24mmF2.8とか。レンズに20万円とか30万円なんて、正直、出せないですよ。10万円のレンズキットを買うのですら、ドキドキしたんですから!

そこで単焦点レンズに目を向けました。そりゃ高いのもあります。ズームできないのに20万円とか30万円とか。でも、ニコンの50mmF1.8は2万円切ってる! コンデジ買うより安い!  マイクロレンズだって60mmはナノクリスタルコーティングなのに6万円台で買える! ありがたや〜って本気で思いました。

 

確かにズームはできません。でも、それは自分が動けばいいことです。

 

つけかえ? どうしても広角レンズで撮りたいとき以外はほとんどしないです。

 

その代わり、得られる画がすごくよくなりました。クリアーでやさしい写真が撮れるようになって、とてもうれしいです。

機材にハマる人の気持ち、ちょっと理解できました。

わたし、単焦点レンズが好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

ページ上部へ戻る