© 一眼レフカメラ・レンズ価格比較 ※キャノン(Canon)・ペンタックス(Pentax)対応 All rights reserved.

ef8-15mm-f4l_05

魚眼と広角写真が撮れるレンズ

Canonのレンズといえば、ニコン等の他メーカーよりもわりと安価という印象がありますが、その中でオススメしたいレンズは「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」です。
もともと広角が欲しかったのでこのレンズを購入したのですが、なんといってもポイントは焦点距離によって魚眼効果の効いた写真と広角の写真が撮れるところですね。
イメージとしては「魚眼写真は魚眼レンズで、広角の写真は広角レンズで。」というのがあったので、一粒で二度楽しめるといったところでしょうか。
携帯性としては前玉が大きいので持ち運びや収納にすこし気を使わなければなりませんが、他の面では何の問題も無く、素晴らしいレンズだと思います。
操作性に関して言えばシンプルで使いやすく、AF・MFも十分だと思います。
表現力はさすがキヤノンといったところでしょうか。
まず驚いたのが外で撮ったり夜間撮影の場合の悩みの種であるフレアやゴーストの少なさで、太陽を気にせず撮影できます。
建物や外での撮影を頻繁にする方には、その点でとてもオススメです。
しかしボディを選んでしまうレンズではあるのでちょっと気をつけなくてはならないところはありますが、とにかくインパクトのある写真が撮れます。
普通のレンズに飽きてきたという人には向いているのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパス…どのメーカーを選べばいい?

カメラ選びの悩みで一番最初にあるのは 「どのメーカーを選べばいいのか?」 でないでしょうか。 …

どんなカメラにもある「セルフタイマー2秒」の用途

三脚を使用するときに起こるブレといえば「シャッターブレ」。 自分の指でシャッターボタンをぽちっとするときの振動がカメラに伝わり、上…

マクロレンズ・マイクロレンズでの撮影には三脚必須?

マイクロレンズの魅力は、クローズアップ撮影ができること、そのときのピントの精度の高さと美しい背景ボケにあります。 使用時に注意しな…

prod-photo

18〜55mm1本だけのキットを選んでも大丈夫?

一眼レフのエントリーモデルのレンズキット付属のレンズといえば、18〜55mmという焦点距離のレンズ。 どういうわけか、…

キヤノンは2014年10月13日まで! カメラメーカーのキャッシュバックキャンペーン。活用すべし!

既に終了しているキャンペーンもあるけれど、 最近、一眼レフの指定機種を買ってく…

ページ上部へ戻る